「弊社代表平舘美木を差出人としたハガキに関して」状況の詳細と弊社対応のご報告

今年春頃より、弊社住所と代表の平舘美木の名前を何者かが無断使用し差出人としたハガキが無差別な宛先に送付されているということが起こっております。
そのはがきに記されている大まかな内容は以下です。

某氏の顔写真が印刷されたハガキに、「〇〇会社勤務の〇〇氏による陰湿かつ執拗な嫌がらせに我慢と恐怖の限界を覚え被害届を出すことにいたします。関係者の皆様にははご迷惑をお掛けすることになるかもしれませんが、何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます」といったような内容です。

弊社平舘は、この某氏とは、友人に誘われたパーティーで6年ほど前に紹介され、そこでフェイスブックで繋がり、その後、弊社主催の4年ほど前セミナーに某氏が受講生として1回だけ参加した、その2回しか接点がありません。
なので、某氏との交流も全くないため、某氏に嫌がらせなども受けておらず、そもそも、某氏の所属する会社名もハガキを受け取るまで知りませんでした。

さらに、某氏の友人関係や仕事関係の方などのつながり、及び、某氏がどのような人物なのかも存じ上げません。

繰り返しますが、パーティ―で1回、セミナーに某氏が参加されて1回、その2回だけしか交流したことがございません。
当然ながら弊社代表の平舘は個人的に某氏には、お会いしたことも1度もございません。

目次

状況の詳細と弊社の対応について

2021年5月頃に、弊社宛に、いきなり上記と同様の内容の差出人のないはがきが1通届きました。
見ると、その某氏の顔写真が印刷されており、上記のような内容が記されていました。
某氏とは、セミナーでお会いした以降4年間、全く交流がなく、なぜ、弊社に送られてきたのか、わかりませんでしたが、関りがないため、そのまま連絡もせず放置しておりました。

2022年5月、1年前に弊社宛に届いたものと全く同じはがきが、弊社に、受け取り拒否と宛先不在分のはがきが返送されてくるということがおき、弊社はそのようなはがきなど出しているわけもなく、何が起きているのが全くわかりませんでした。

某氏の連絡先は、フェイスブックしかわかりません。事がが事なので、某氏に連絡する前に、そのまま、会社最寄りの警察にはがきを持参し相談に伺いました。そうしたところ、その件は、昨年、私がはがきを受け取った時期に、某氏より被害届が出ているとのことでした。

警察に赴き、弊社平舘は、某氏に全く接点がないため、犯人を捜査しようがないため、どうしたらいいのかと相談し、その日のうちに、はがきに書かれていた某氏所属の会社の代表電話番号を調べ、ご連絡し、相談することになりました。
以下がその後の弊社の取った対策と経緯となります。

1、警察にはがきを持ちこみ相談しました。

2,警察に相談した後、その日に、はがきに書かれていた某企業の代表に電話をし、某氏の上司だという方と外でお会いすることとなり、経緯を説明し、はがきをその場で全てお渡し、ご対応をお願いしました。上司の方がおっしゃるには、私が最初にはがきを受け取った時に、株主や取引先などにも同様のはがきが送られ、会社に連絡がきており、その事件に関しては、把握しているとのことでした。
そのはがきは2021年春、そして秋にも2回にわたり送付されたことがその時点で確認できました。
弊社の名前が差出人に利用されたのは、3回目となるその時が初めてでした。

3,某氏にフェイスブックより、連絡し、弊社顧問弁護士立ち合いの元、経緯の説明を依頼しました。

4,弊社顧問弁護士事務所にて、某氏に経緯を説明いただき、捜査をお願いしました。

5,某氏が、フェイスブックの友達一覧をそれまで全公開にしていたが、今更ですが、非公開に設定しましたとの報告がありました。

6,7月、再び、2回目、同じはがきが弊社に返送されてきました。

7,再度警察に報告し、その後某氏にフェイスブックより連絡し、対応をお願いしたいと申し上げたところ、そのはがきを送ってくださいと依頼があり、某氏所属の会社部署宛に、はがきを全て送付いたしました。

8,その後、警察とは何度かやり取りをさせていただきましたが、弊社代表平舘は、某氏と全く接点がないのと、直接、犯人に怨恨を抱かれているわけではないため被害届の受理もできないようで、状況どうですか?の連絡だけが、電話でくると言った状況でした。

9,8月に警察から平舘宛に状況確認の電話がありました。弊社平舘は、某氏の人脈も全く知らないため、何も対策をしようがない。はがきに、所属会社名が明記されていることから、某企業の社長宛に内容証明を送付し、コンプライアンス上の問題として対応をお願いしてみてはどうか?と警察よりアドバイスを受けました。
しかしながら、そのとき、弊社平舘は、地方で長期ワーケーション中だったため、対応できなかったので、様子見をしておりました。

10,長期ワーケーションから戻り、しばらくした後、3回目のはがきの返送分が会社に届きました。
さすがに、このままにしておくわけにはいかないと思い、その段階で、某氏所属の会社社長あてに、10月28日内容証明郵便で、事の経緯と対応のお願いを送り、同時に、3回目に返送されてきたはがきを、会社社長あてに郵送しました。

11,某氏所属の会社社長からメールにて受け取りましたという報告および、対応をさせていただくというご連絡をいただきました。

12,それから2か月後、4回目のはがきが弊社に返送されてきました。弊社としては、対応のしようがないため、再度、某会社の上司の方にご連絡をし、状況の確認とご対応をお願いいたしました。そして、今、この文章をサイト上に掲載しております。

上記が、このはがきの件の現在までの状況報告となります。
状況報告が遅くなったこと申し訳ございません。
弊社だけの問題ではないため、状況を見守っており、報告が遅くなってしまいました。
お知り合いの方で、もしも、はがきを受け取ったという方がいましたら、ご連絡ください。驚かせてしまい申し訳ございません。今後も何かありましたら、ご報告させていただきます。

再度申し上げますが、弊社は、某氏とも某企業とも、全く接点がございません。

弊社代表の氏名が、某氏に怨恨を抱く何者かに無断使用された当初某氏のフェイスブックの友達一覧が全公開になっていたため、その中から会社経営者でホームページで会社住所を公開している人として、無差別に選ばれた可能性が考えられます。

現在、平舘の方で某氏とフェイスブックの友達のつながりも削除させていただいております。

弊社としては、某氏の交友関係など全く存じ上げてなく、この件に関して、なすすべもありません。

現在、某氏および、その会社関係者の方に、起きていることをご報告し、捜査をお願いするしかない状況です。

弊社関係者ではない方で、このようなはがきを受け取ったという方がいましたら、はがきに記されています某氏所属の企業様あてに、ご一報くださいますようお願い申し上げます。
弊社及び、平舘美木はこの件に関しまして、一切関係がありませんので、誤解なきようお願い申し上げます。

(株)キラキラリーグ 代表取締役 平舘美木

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次